ある程度のサラリーマンは相対的に貧乏になると予想します。

0

    ども。

     

    私の関心ごとの一つに、日本のサラリーマンは

    どうなっていくのだろうというのがあります。

    これまでの働き方が時代の流れにマッチしなくなってきており、

    AIや自動化がどこかで大規模に導入された途端に、

    大失業時代が来るのではないかと勝手に思っています。

     

    まあこれらの変化をマイナスにとらえる人が多そうな気がしますが、

    意外とチャンスも眠っていると思います。

    まず、メディア業に誰でも参入できるようになりました。

    これ、私はものすごく大きなことだと思っています。

    なんでかって、あらゆる分野のプロが参入すれば、

    あらゆる分野での最先端の情報をタダで手に入れることができるのですから。

    最近ではマスコミの情報量がイマイチなのは周知の事実かもしれませんが、

    どれだけ国民に無益な情報を垂れ流してきたことか、、

    ニュースだって浅すぎて投資に役立つレベルではない・・

    コメンテーターだって上層部の犬ですし、、

     

    SNSも存在感を増し、情報発信も同じように重要性を増しています。

    まあ情報が武器になるこの時代、当たり前と言えば当たり前ですが。

    強い会社のサラリーマンはそのままサラリーマンでいいと思います。

    ただ、一方で自分以下の努力量で自分以上に稼ぐ人が今後どかどか出てくると思います。

     

    だから普通以下のサラリーマンは失業などでガチの貧乏になり、普通以上のサラリーマンは相対的に

    貧乏になるって感じですかね。

    だから普通以下のサラリーマンは副業をするしかない。

    特に若い人。国はあまり守ってくれないと思った方が良い。

     

    今手軽にできる副業はネット関連のものが多く、ネットはレバレッジが効くので

    個人でも大きく稼ぐことができます。

    精度の良い情報発信力を鍛えておくと今後良い気がしてなりません。

     

    あとは金融投資かな・・・ でも投資は難しいからなー・・

     


    スポンサーサイト

    0
      • 1970.01.01 Thursday
      • -
      • 20:24
      • -
      • -
      • by スポンサードリンク

      コメント
      コメントする








         

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      3031     
      << August 2020 >>

      -

      -

       

      UZUZ

       

      -

      selected entries

      categories

      archives

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM